イオンクレジットサービス・イオン銀行・イオンプロダクトファイナンス・
イオン保険サービス フレッシャーズ採用サイト

挑戦×店舗企画挑戦×店舗企画

年齢に関係なく幅広い業務を経験できる
イオングループならではの魅力を体感。

人々の暮らしに貢献できる仕事に就きたい――就職活動当時、そんな想いを持っていた私は、日々の生活を、より便利に、お得にできるクレジットカード業界に興味を持ちました。また、イオングループの一員として、他社にはないネットワークを持ち、幅広く活躍できるフィールドに魅力を感じました。
そんな期待を胸に、イオンクレジットサービスへ入社した私は、1年目は支店営業所の営業を担当。2年目からはイオン銀行の銀行窓口業務を担うこととなりました。その後は2度にわたり、新店のオープニングスタッフとして店舗の立ち上げ業務も経験しました。特に印象深いのは、イオンのショッピングセンター内の店舗ではなく、グループ初の「路面店」の立ち上げに携われたことです。社内の誰も経験したことのない業務への挑戦に、もちろん戸惑いもありましたが、常に新しいサービスへと挑戦し続けるグループの姿勢を感じました。そして何より、当時のさまざまな経験が、現在の仕事において大きな財産になっていると感じています。

お客さまにとって理想の店舗をつくりたい――
その想いを実現できるフィールドへ。

入社して5年、現場でのさまざまな経験を積むことで、「金融サービス」に対する視野が大きく広がりました。その視野で店舗を見つめたとき、「より魅力ある店舗づくりをしたい」と少しずつ考えるようになりました。そうした気持ちが会社にも伝わったのか、思いもよらず、現在の店舗企画部へと異動(出向)になりました。
店舗企画部とは、銀行店舗ネットワークの拡大を図るために2014年に新設された専門部署であり、新規出店や移転、改装案件などの企画立案を行っています。当初は、「私に務まるだろうか」という不安もありましたが、同時に今までの自分の経験が会社に必要とされていることに大きな喜びを感じ、挑戦したいという想いも強く感じました。
現在の部署のメンバーは9名。私はレイアウトチームに所属し、新規出店に当たっての契約交渉から、店舗レイアウトの立案、施工業者との調整までを担っています。メンバーの中には「店舗企画」の経験者はいますが、「店舗勤務経験者」は私1人です。お互いが培ったノウハウを融合させ、より良い店舗づくりを実現するために、チームワークを重視しながら仕事に臨んでいます。

全国100店舗を訪問するなかで
取り組むべきテーマが見えてくる。

店舗のレイアウトを担うことになり、私がまず取り組んだことは全国の銀行店舗の視察でした。自身が勤務した店舗だけでなく、多くの店舗を実際に見る必要があると考えたからです。半年がかりで100店舗近くを訪問し、それぞれの課題や工夫、成功例や失敗例などを聞いて回るなかで、地域ごとにさまざまな文化や習慣があることに改めて気付かされました。「誰もが気軽に立ち寄り、お金のことを幅広く相談できる」という当社ならではの統一のイメージを確立しながらも、店舗ごとの地域性に配慮できる“柔軟性”をもったレイアウトを日々構想しています。レイアウトの評価は、人それぞれの価値観によって左右される難しさがありますが、それが他の仕事にない面白みでもあります。多くの方に来店していただける店舗づくりを追求していくために挑戦すべきテーマはいくつもあります。漠然としたイメージを具体化するための専門知識を培うこと、自分なりの意見を臆せず主張すること、広い視野を持ちつつもきめ細かな気配りを絶やさぬこと・・・これらへの挑戦を続け、自分自身の成長、そしてイオンフィナンシャルサービスの成長に貢献していけると信じています。

1日の流れ

8:30 出社、メールチェック
出社後は社内通達やメールのチェック。一日のスケジュールを確認し、優先順位を考えつつ準備を進める。
   
10:30 部内ミーティング
全チーム揃ってのミーティング。資料の準備も率先して取り組み、ミーティングでは、臆することなく発言。
   
11:00 担当案件のレイアウト作成
担当している新規の店舗レイアウトを検討。来店されるお客さまや働くスタッフの立場を常に考えながら作成にあたっている。
   
12:00 昼食
同期と昼食をともにする。雑談から得られた情報が、後に意外なところで役に立つことも。
   
13:00 外部業者との打合せ
担当店舗の工事スタートに向けて、設計業者や施工会社との打合せ。こちらの意図がうまく伝わらなかったり、相手の言葉が分からなかったりするたびに、専門知識を勉強する必要性を痛感。
   
15:30 レイアウト修正
メンバーの意見を踏まえて担当案件のレイアウトを修正。照明や色彩にもこだわりながら、細部を仕上げていく。
   
18:30 退社
電車内ではスマートフォンでヒアリングや単語帳を使い、英語の勉強。帰宅後は時間に余裕があればランニングで汗を流すことも。

キャリアステップ

  • 2008年4月
    イオンクレジットサービスに入社し、品川営業所(当時)でクレジットカードの営業を担当。同社が銀行代理業に進出したことから、1年後にはイオン南砂支店内のイオン銀行に教育出向となり、窓口業務の経験を積む。
  • 2011年8月
    イオン銀行代理店イオン東雲ショッピングセンター店のオープニングスタッフとして、開店前の特設ブースでの営業とともに出店準備を担う。前店舗と同様に住宅街に位置しているため、住宅ローンについて多くの知見を培う。
  • 2012年10月
    グループ初の「路面店」となるイオン銀行代理店新宿店のオープニングスタッフを勤める。従来店とは異なる客層に対し、店舗の認知度とイオンブランドの信頼度を高めるために、これまで以上の接客力が問われる。
  • 2014年4月
    理想の店舗づくりに挑戦したいという想いを胸に、イオンフィナンシャルサービスに異動(出向)。店舗企画部において、唯一の店舗勤務の経験を活かしながら、店舗レイアウトを担う。
PAGE TOP